出会い

座り席があるお店と違う立ち飲みバーだと

座り席があるお店と違う立ち飲みバーだと

(公開: 2018年1月 3日 (水)

彼女を見つける方法として立ち飲みバーという選択肢もあります。

座り席があるお店と違って立ち飲みバーだと、出会い向けのメリットがあるので、ご紹介していきます。

立ち飲みバーの長所

移動しやすい

立ち飲みバーは、座る場所がないので、好きなところへ勝手に行くことが可能となっています。

なので、話しかけたい女性を見つけたら、何の違和感もなくアプローチすることもできちゃいます。

近づける

着席形式のバーになると、テーブルを間にして、女性と向かい合うことが多くなりますが、立ち飲みバーでは、相手のすぐ横に立つことも出来ちゃいます。

このような感覚が、出会いの可能性を上げる一つのポイントにもなってきます。

費用対効果が良い

立ち飲みバーだと、席について、落ち着いてお酒を飲みつつ、長く時間を過ごすという形式ではありません。

なので、少量だけ飲むという形でもオーケですし、一人でお店に行く人もいます。

そして、座るとこがないだけ、価格も控えめのところが多いので、立ち飲みバーの費用対効果は高いと言えるのです。

立ち飲みバーの注意点

しかし、その一方で、立ち飲みバーにて女性と出会いたい人は、いくつかの点に注意する必要があります。

疲れてしまうことも

立ち飲みバーだと、当たり前ですが、座れないので、その分、疲れます。

その上、人の行き来が多いので、ゆったりとお酒をたしなみたい方には向いていないと言えます。

ゆっくり話せない

地域の立ち飲みバーでとりわけ人気のあるお店だとかなりガヤガヤしています。

賑やかであるということは良いことなのかもしれませんが、ネガティブな見方をするとうるさいです。

そうなるとお相手の女性とゆっくり話すのが、難しい為、声のボリュームを上げないと話しづらくなります。

社交性が求められる

こういったお酒の場では、詰まる所、社交性が必要となります。

人間関係が苦手な人は立ち飲みバーへ行っても異性に話しかけたり、関係を深めたりすることは結構、簡単ではありません。

ですので、人間関係が苦手な方は、立ち飲みバーへ行くのではなく出会い系サイトを使ってみる方が有効です。

出会いを横浜で見つける