2017年9月

声量と複式呼吸の関係は?

声量と複式呼吸の関係は?

(公開: 2017年9月23日 (土))

肺活量と横隔膜の柔軟性が関連しています。
普段人と会話するときには、胸式呼吸と言って、胸で呼吸をするため肺活量が少なく、声も喉を使って出す傾向にあります。

 ■横浜のボイストレーニングならここ
ですが、腹式呼吸をすることによって、肺にいっぱい空気をためて横隔膜を下に押し出すことによって、お腹が膨らみます。
そのお腹の圧力によって肺にある空気が押し出され、声が出やすくなります。
お腹から空気を押し出す呼吸法によって、声量が出てくるのです。
初めは腹式呼吸ができない人もいますが、呼吸法をマスターすることによって、だんだんに上達してきます。
しかし腹式呼吸がイマイチできないという人は、ボイストレーニング教室へ通ってみるのもよいでしょう。
これこそ腹式呼吸の基礎を教えてくれます。